きらきらひかるたからもの

シンガポールでの生活日記。シンガポールのこと、家族のことや私の好きなことなど気ままに綴っています♪現在は、日本で満喫中☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチ巡り☆

既にご存知の方も多い(?)と思いますが、私は食べることが大好き。美味しいお料理やデザートを食べると、たくさんの元気を与えてもらえるし、美味しそうな盛り付けを見ていると、幸せになれます。今日は、日本での里帰り中に訪れた、京都にあるレストランでのランチの1部についてご紹介したいと思います


① SOHOLM CAFE + DINING

SCD01 SCD02
SCD03 SCD04

以前ご紹介したバック【詳しくは2009年11月17日の記事をご覧下さい】が販売されているお店の直ぐ傍に、レストランが出店しており、お友達と一緒にランチを注文しました。今回注文したのは、パスタランチセットでしたが、これ以外にも、いろんなランチセットがありました。店内の雰囲気も良く、お友達と話していたら、ついつい長居してしまいました


② グリルキャピタル東洋亭

GCT01 GCT02
GCT03 GCT04

京都・北山に本店を構える老舗の洋食レストランが、京都高島屋に出店しています。今回は、”東洋亭風アルミ包みハンバーグステーキ”と”東洋亭風オムライス”を注文しました

熱々の鉄板にのせられたハンバーグの上に、ビーフシチューのソースがかけられて、美味しさアップ。オムライスには、デミグラスソース&とろっとした半熟卵の相性がバッチリ。前菜に、丸ごとトマトがついてくるのですが、生のトマトが苦手な私は、全く手を付けられませんでしたが、トマト好きのお母さん曰く、「新鮮で美味しい」とのことでした。


③ Meal MUJI

MM01 MM02
MM03 MM04

皆様も既にご存知の雑貨店無印良品のレストラン。こちらでは、お野菜、お豆腐やお肉などいろんな種の食材を使ったお料理があり、その中から好きな品が選べました。今回は、選べるデリ3品を注文しましたが、どれも美味しかったです


海外での外食する際、知らないレストランへ入店すると、たまに「味がイマイチかも・・・」と残念に思うことがあるのですが、日本で食べるお料理やデザートは、どこへ行っても美味しく、イマイチだった・・・と思うことが無いのが嬉しいです。それに、ランチセットだとお値段もおだし、お料理のボリュームも丁度良いので、有難く思います


ポチっと一押しにご協力よろしくお願い致します

fc2-br

スポンサーサイト

京都・美山町を散策!

随分前にさかのぼって、9月下旬のお話・・・両親と一緒に訪れた京都・美山町のことについてご紹介したいと思います


『川に沿って建てられた民家のうちおよそ250棟は、昔ながらの茅葺き(かやぶき)民家で、特に北集落は茅葺き民家が多く残っており、自然景観と、茅葺き(かやぶき)民家がうまく調和して、日本の農村の原風景とも言うべき風情を呈している。また、この集落は、文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。』 (ウィキペディア フリー百科事典 参照)


萱葺き(かやぶき)屋根の民家が連なる美山町の風景には、昔ながらの温かみがありました。私達が訪れた初秋の美山町では、畑一面に蕎麦の花が咲いていて、色鮮やかで美しかったです。初めて蕎麦の花が咲いている所を見たのですが、白くて可愛らしい。下の写真は、その時の様子です。

miyama01 miyama02
miyama03 miyama04

元々、曇り空のお天気だったので、もしかしたら雨が降るかも・・・と思っていたら、案の定、歩いている途中から降り出してしまいました。傘を差しながら、ゆっくりと周辺を散策しました

miyama05 miyama06 miyama07

萱葺き(かやぶき)を間近で見学するのは、私にとって初めてだったのですが、普段見られない光景が、とても新鮮でした。民家の周辺には、たくさんのお花も咲いていて、静寂の中に、華やかさもあって、自然と協和している感じがしました

miyama08 miyama09
miyama10 miyama11

いつもブログにお立ち寄りくださりありがとうございますポチっと一押しにご協力よろしくお願い致します

fc2-br

日本・東北の旅 ③

前回に引き続き、『日本・東北の旅』の第3弾をご紹介します。これまでのお話は、『日本・東北の旅 ①』『日本・東北の旅 ②』をご覧下さい


第3日目は、朝から良いお天気に恵まれました。前日と同様で、早朝から温泉に入り、朝食を頂いた後、観光を開始しました


① 中尊寺

『天治元年の造立で、中尊寺創建当初の唯一の遺構です。皆金色の阿弥陀堂は、荘厳の限りが尽くされ、まさに極楽浄土を現世にあらわしています。ご本尊は阿弥陀如来。その前に観音菩薩、勢至菩薩、左右に三体ずつの六地蔵、最前列には持国天と増長天が仏界を守護しています。』 (中尊寺のパンフレット 参照)


Tohoku49 Tohoku50 Tohoku51

国宝に指定されている金色堂の館内は、撮影禁止の為、外観のみを撮影しました。館内では、金色堂に関する説明が分かりやすく放送されていました


② 磐井川と郭公だんご

岩手県の磐井川中流にある渓谷へ行ってきました。下の写真は、その時の様子です

Tohoku52

さて、この渓谷では、少し変わった注文をすることができます。

『郭公だんご(かっこうだんご)は、岩手県一関市にある磐井川中流の渓谷・厳美渓をロープによって横断する独特の団子販売方法である。』 (ウィキぺディア フリー百科事典 参照)

Tohoku53 Tohoku54
Tohoku55 Tohoku56 Tohoku57

の写真の通り、小槌をカンカンと鳴らすと、川の向かいにあるお店から、人が出てきて、郭公だんごを注文することができるのです。カゴにお団子の代金を入れると、店員さんが、カゴを引っ張り、数分後には、お茶とお団子をカゴに入れて、再び届けてくれるのです。お茶がこぼれるか心配でしたが、倒れることなく届いていて、一安心。3種類のお団子(みたらし・胡麻・こし餡)も、もちもちと柔らかくて、美味しかったです


その後、日本三景の一つとして有名な松島へ到着しました。


丁度、お昼だったので、まずは、ランチを頂くことにしました。地元の方にお勧めを紹介して頂いたのが、今回訪れたお店まぐろ茶屋でした。

Tohoku58 Tohoku59 Tohoku60

店内では、いろんな方のサインが展示されていたので、結構、有名なお店だったのかも知れませんが、それよりもびっくりしたのが、お料理のボリューム・・・お店の名物桶寿司とお任せ寿司コースを注文しました。特に、具沢山の桶寿司のボリュームには、皆でビックリしました。お寿司のネタも新鮮で、食べ応え点。とても美味しかったです


③ 瑞厳寺

『禅宗寺院の台所。正面13.78m、奥行23.64m。大屋根の上にさらに煙出しが載っている。本来実用本位の建物に唐草や花肘木の彫刻が施されたことに、正宗公の美意識が伺える。昭和34年国宝指定。』 (瑞厳寺のパンフレット 参照)


Tohoku61 Tohoku62 Tohoku63

瑞厳寺の本殿は、現在工事中の為に見学できませんが、庫裡(庫裏)や宝物館(青龍殿)は公開されており、見学できました


④ 円通寺

『伊達政宗の嫡孫「光宗君」を祀る白華峰「円通院」。伊達家350年の秘蔵、国指定重要文化財「三慧殿」を建造。』 (円通院のパンフレット 参照)


Tohoku64 Tohoku65
Tohoku66 Tohoku67

展示されていた三慧殿の厨子の1部には、トランプのダイヤ・クローバー・ハート・スペードなどの西洋的な模様が描かれ、その当時の日本と西洋のつながりを示しているようでした。私達が訪れた時、丁度、ガイドさんが寺院を案内&説明してくださったことに感謝です


⑤ 五大堂

『松島を象徴する代表的風物として知られ、堂内には五太明王像を安置してあり、33年に1度御開帳される。』 (松島湾遊覧チケット 参照)


Tohoku68 Tohoku69 Tohoku70

五太堂へ向かう道のりで、橋を渡るのですが、隙間が空いていて、下が見えるので、ちょっと怖いです・・・。渡る時は、落し物に要注意


⑥ 松島湾遊覧

Tohoku71 Tohoku72
Tohoku73 Tohoku74

遊覧船に乗って、松島湾の周辺にある島々の見学をしました。丁度、夕暮れ時だったこともあり、時折、オレンジ色の夕焼けが、水面に反射して綺麗でした


この後、仙台空港から飛行機に乗って、無事に2泊3日の旅行を終えました。初めて訪れた東北地方・・・観光を始め、美味しいお料理にも巡り合えて良かったです。そして、両親と久しぶりに旅行へ行けたことにも感謝。一緒に楽しい思い出を作れて嬉しかったです


最後に、旅行中に購入したお土産の1部をご紹介したいと思います。興味のある方は、続きをご覧下さい。日本・東北の旅をしてみたいと思われた方、ポチっと一押しにご協力よろしくお願い致します

fc2-br

続きを読む »

日本・東北の旅 ②

前回に引き続き、『日本・東北の旅』シリーズの第2弾をご紹介します。これまでのお話は、『日本・東北の旅 ①』 をご覧下さい


第1日目は、お天気にも恵まれたにも関わらず、翌日の朝は、お天気が悪く、雨模様。ともあれ、早朝の温泉に入り、朝食を食べた後、チェックアウトをして、第2日目の観光へ出発しました


① 十和田湖上遊覧と乙女の像

『十和田湖は、典型的な二重式カルデラ湖で、海抜401m、周囲は約46.2km、最も深い所で326.8mと日本第3位の湖です。湖水の蒼さ、220mに及ぶ絶壁千丈幕・・・。』 (十和田湖上遊覧ガイド 参照)


Tohoku25 Tohoku26
Tohoku27 Tohoku28

約50分間の遊覧船に乗って、十和田湖を周遊しました。上の写真は、その時の様子です。雨が降っていて、時折、霧も発生していたので、余り綺麗に写真を撮ることができなかったのがとても残念・・・。ですが、これもまた、思い出の1ページになりました


『十和田湖畔休屋の御前ケ浜に建つ「おとめ像」。詩人にして彫刻家であった高村光太郎の傑作として知られ、十和田湖の文字どおりのシンボルである。』 (十和田湖国立公園協会のHP 参照)

Tohoku29

十和田湖畔にたたずむ乙女の像を見学してきました。実物の像を見た私個人的な印象は、写真等で見るよりもずっしりとした重量感があり、今にも動き出しそうな感じがしました


② りんご園

Tohoku30 Tohoku31 Tohoku32

青森県や秋田県には、たくさんのりんご園があり、立ち寄りました。1年中、りんごは見かけますが、特に、この時期から収穫されるりんごは美味しく、色鮮やかに実っていました。りんご園を見学する機会がなく、今回初めて、その場でりんごを摘ませて頂きました。こういう体験ができて嬉しかったです

Tohoku33

直売店の中では、そこで収穫されたりんごやりんごジュースなどがあり、試食&試飲をさせていただきました。種類も豊富で、大きさや色、甘さや硬さも個々に違うのですが、どれも美味しかったです。お土産用のりんごとりんごジュースを購入して、自宅発送して頂きました


第2日目のランチは、秋田県にある道の駅かづのにあったレストランでお食事を頂きました

Tohoku34 Tohoku35
Tohoku36 Tohoku37

の写真の通り、きりたんぽ鍋セット、比内地鶏の親子丼と鹿角牛を使ったハンバーグカレーを注文・・・どちらも美味しかったです


③ 玉川温泉地自然研究路

『玉川温泉は、焼山山麓に位置し、「1ケ所からの湧出量(9,000リットル)」と「強酸性(pH1.05)の温泉水」という点では日本一を誇ります。また、多方面にわたる効能から「療養・癒しの温泉」として全国の皆様にご愛顧いただいております。』 (玉川温泉HP 参照)


Tohoku38 Tohoku39
Tohoku40 Tohoku41

玉川温泉地自然研究路と呼ばれる場所へ行ってきました。この付近一帯は、地熱のある岩場(岩盤)がたくさんあり、周辺では、硫黄の煙が充満していました。時折、風が吹いて、思いっきり煙に煽られて、前が見えないことも・・・。実際に、療養の目的で、こちらの温泉や岩盤を利用される人々もたくさんおられるようです


④ 八幡平(はちまんたい)

Tohoku42 Tohoku43
Tohoku44 Tohoku45

八幡平アスピーテラインを走行し、山頂へ到着しました。こちらは、秋田県と岩手県をまたいでいる為、県境の印も発見。上の写真は、岩手県側を撮影した風景です。この時点で、既にお天気も回復し、晴れていました。雲で隠れていることが多かったのですが、この時は、岩木山が綺麗に見えました


最後に、2日目に宿泊したホテルのお部屋&夕食の1部をご紹介したいと思います。興味のある方は、続きをご覧下さい。応援クリックにご協力頂けると励みになります。ご協力よろしくお願い致します

fc2-br

続きを読む »

日本・東北の旅 ①

10月の中旬・・・両親と一緒に、2泊3日で東北地方へ旅行に行ってきました。今日からしばらくの間、旅行のことについてご紹介していきたいと思います。長文になってしまいますが・・・ご了承下さい


その当日の早朝、飛行機で青森空港を目指しました。約1時間45分の飛行時間で、お天気も良く、機内からは、下の写真のように、富士山が綺麗に見えました

Tohoku01

今回の旅行は、ツアーとホテルがセットになっていて、地元個人タクシーで移動だったので、旅の行き先は決まっていましたが、団体ツアーのように、特に、時間の制限がなく、ゆっくりと見て回ることができました。それでは・・・第1日目に訪れた観光スポットの1部をご紹介したいと思います


① 青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館

『八甲田雪中行軍遭難事件は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が八甲田山で冬季訓練中に遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡する、日本の冬季軍訓練における最も多くの死傷者が発生したことで記憶されている。』 (ウィキペディア フリー百科事典 参照)

Tohoku02 Tohoku03 Tohoku04

この資料館では、雪原で直立したまま発見された後藤房之助伍長の像(レプリカ)を始め、この事件に関するたくさんの資料が展示されていました。その昔、この実話を基に映画化され、人々に影響を与えたそうです


② ねぶたの里

Tohoku05 Tohoku06 Tohoku07

青森と言えば、ねぶた祭りが有名ですが、こちらの場所では、ねぶた囃子が響き、各ねぶたに明かりが灯っていました。上の写真は、ほんの1部の様子です。カラフルで迫力があり、見応え点でした。

Tohoku08 Tohoku09 Tohoku10

外で展示されていた大太鼓・・・バチで叩いている音を聞いたのですが、重低音が響き渡っていました。園内にあった売店で、リンゴのソフトクリームを見つけて購入・・・甘いリンゴの味と香りで美味しかったです


次の観光スポットへ向かう前に、ランチを食べに行きました。ねぶたの里から近いお食事処で、釜揚げうどんや天ぷらを注文しました

Tohoku11 Tohoku12 Tohoku13

の写真では、分かりにくいかも知れませんが、大きな桶に、熱々に茹で上がった稲庭うどん(4人前)が入っていました。私達3人で食べきれるか不安でしたが・・・ペロリと完食。美味しかったです


③ 八甲田ロープウェー

『八甲田山とは、十和田八幡平国立公園の北部に横たわる連峰の総称で、主峰八甲田大岳を中心に、10余を数える山々から構成されています。至る所に湿地帯がみられ、高山植物の宝庫になっているところから、春から秋にかけては登山客で賑わいを見せます。』 (八甲田ロープウェーのカタログ 参照)

Tohoku14 Tohoku15 Tohoku16
Tohoku17 Tohoku18

ロープウェーに乗って、日本百名山の一つである八甲田の山頂へ行ってきました。山頂では、天候が悪く、気温は何と5℃・・・。長袖を羽織っていた私達ですが、余りの寒さにびっくり。秋の紅葉の時期にさしかかっていたこともあり、ロープウェーからは、赤や黄など色鮮やかに広がる風景を眺めることができました


④ 奥入瀬渓流

Tohoku19 Tohoku20 Tohoku21

今回の旅で、楽しみにしていた場所の一つ、奥入瀬渓流へやってきました。広大な自然に満ちたこの周辺には、いろんな滝が点在しています。全てを見て歩くには、余りにも距離があり、時間もかかる為、その1部を見学したのですが、たっぷりのマイナスイオンを含んだ空気が心地よく、心も体も癒されました


最後に、1日目に宿泊したお部屋&夕食の1部をご紹介したいと思います。興味のある方は、続きをご覧下さい。ポチっと一押しにご協力よろしくお願い致します

fc2-br

続きを読む »

HOME →次ページ

プロフィール

TMK1611

Author:TMK1611
シンガポール人の旦那さんと共にシンガポールで暮らしています。現在は、旦那さんはアメリカへ駐在中。私は日本で満喫中☆ お菓子作り大好き!食べることは・・・もっと大好き♪

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

押して下さる皆様、ありがとうございます☆引き続き、ポチッと一押しお願いします♪

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最近の記事 & コメント

*ご訪問の皆様へのお願い:不適切なコメント、中傷コメントや商業&広告目的のものがございましたら、管理者の判断により削除させて頂きますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

BMI・肥満度チェッカー
メールフォーム

お返事が遅れるかも知れませんが、必ずお返事致します☆いつでもメールお待ちしております!

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。