きらきらひかるたからもの

シンガポールでの生活日記。シンガポールのこと、家族のことや私の好きなことなど気ままに綴っています♪現在は、日本で満喫中☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール巡り <観光編②>

皆様、こんばんは。以前もお知らせした通り、旦那さんのお仕事の都合で、半年間、アメリカへ行くことが決まっており、その出発日が来週の水曜日と近づいてきました。残り5日間・・・スーツケースに荷物を詰めて持って行く為、かなり制限されます。「何を持って行ったらいいのやら・・・」と悩みつつ、荷物の準備をしている最中です。時間が経つのが早すぎる毎日・・・



前回に引き続き、今日は、シンガポールの観光巡りの第2弾をご紹介します。さて、どこへ行ってきたのでしょうか


Night Safari(ナイト サファリ)

Spore04

名前の通り、夜にオープンする動物園で、こちらも観光名所の一つです。入場券を購入する時、日本語専用のトラムも一緒に予約をしておきました

Spore05 Spore06

予約したトラムの乗車時間までに、まずは、アニマルショー(時間が決められています)を見学しました。屋外にあるショーの舞台には、たくさんの観客が集まっていました。下の写真は、その時の様子の1部です。(フラッシュ撮影が禁止の為、見辛いですがご了承下さい。)

Spore07 Spore08 Spore09

観客から選ばれた人が舞台に上がり、大蛇を首に巻かれています。蛇が怖い私・・・遠くから見ていても正直怖かったです。他には、カワウソがゴミの分別をして、ゴミの片付けをしている様子なども見られました

その後、トラムに乗って、園内を一周しました。今回乗ったトラムは、日本語専用なので、別に予約が必要ですが、普通のトラムは英語で案内されており、事前の予約は必要ありません

Spore10

トラムに乗りながら、園内にいる動物を見学することができるのですが、周辺が余りにも暗く、カメラでの撮影が上手くできませんでした・・・。ですので、写真はありませんが、トラムを降りた所に、園内の動物の写真が展示されていたので・・・ご参考下さい

Spore11 Spore12 Spore13

また、トライバルダンスショーも開催されていました。

Spore14 Spore15

たくさんの観客で囲まれていた為、遠くから見学していたので、上手に写真が撮れませんでしたが・・・。長い竹を利用して、高いところまで登ったり、ダンスをしたり、炎を吹き上げたファイアーダンスの後は、それを口で消火したり・・・迫力あるショーでした


SENTOSA ISLAND(セントーサ島)

Spore16

セントーサ島は、シンガポールと隣接している小さな島で、観光客はもちろん、地元の人の憩いの場として利用されています。島内には、様々なアトラクションを始め、ホテルやレストランもあり、一日中楽しむことができます

全てのアトラクションを回るのは、1日では無理なので、今回は、その中で行きたい場所を選んで、セントーサ島を探索することにしました


まず、最初に訪れたのは、Southernmost Point Of Asia Continent(アジア大陸最南端ポイント)と呼ばれる場所。

Spore17 Spore18 Spore19
Spore20 Spore21 Spore22

の写真の通り、長い橋を渡って、塔を登り、周りの風景を見渡すことができました。お天気もよく、心地よい風が吹いて気持ちよかったです


その後、The Merlion Tower(ザ・マーライオン・タワー)へ向かいました。

Spore23 Spore24 Spore25

巨大なマーライオンの展望タワーが大きくそびえ立っていて、体長37メートルだそうです。薄暗い館内を歩き、マーライオンの伝説を聞いた後、エレベーターに乗って上階へ行き、セントーサ島を見渡すことができます。上の写真は、マーライオンの口元&頭頂部からの様子です。現在、セントーサ島は、カジノなどの建設が進められており、たくさんの工事現場がありました。


そして、Sentosa Luge(セントーサ・リュージュ)に挑戦

Spore26 Spore27

くねくねと曲がりくねったコースを走るゴーカート。坂道を下るので、かなりのスピードもでますが、ブレーキもついていて、調整できるので大丈夫。心地よい風と共に、久しぶりのゴーカートに乗って、ギャーギャーと騒ぎながら滑りました・・・


最後は、Sentosa 4D Magix(セントーサ・4Dマジックス)と呼ばれる立体映像シアターへ行きました。

Spore28

カリブの島で海賊と宝探しをするストーリーで、専用メガネをかけて、飛び出す映像を体感できます。また、座っている席が急に動いたり、風や水が噴出してきたりと、臨場感もたっぷりでした


SPA BOTANICA(スパ ボタニカ)

Spore29 Spore30

『SPA(スパ)をして癒されたい』というお友達の希望を叶える為、事前に予約していたセントーサ島にあるリゾートホテルSENTOSA RESORT&SPAの中にあるお店SPA BOTANICA(スパ ボタニカ)へ行きました。先日の記事【詳しくは2009年2月16日の記事をご覧下さい】でお話したバレンタインデーのプレゼントが、こちらのスパでのマッサージでした


全身泥パックして、スチームバスに入った後、アロマオイルでマッサージをしてもらうコースを選んでいた私達。プラネタリウムにいるようなスチームバスで体を温めた後、緑豊かな屋外にあるお部屋へ移動し、アロママッサージが始まりました。時より、心地よい風が吹いたり、野生の鳥の声がさえずり、体も気持ちも癒されました


その時の様子の写真を撮影することはできなかったのですが、館内での様子を少しだけご紹介したいと思います

Spore31 Spore32

この周辺は、自然豊かな緑に囲まれた、閑静な場所にありました。スパを体験した人は、その日に限り、そのホテルの施設を利用することも可能だそうです。


次回は、シンガポール巡りの食事編をご紹介したいと思います。次回も楽しみと思われた方、応援クリックにご協力よろしくお願い致します

fc2-br

スポンサーサイト

シンガポール巡り <観光編①>

日本から遊びに来てくれたお友達KYとのシンガポール滞在記についてご紹介したいと思います


今回、遊びに来てくれたKYは、十年来のお友達の1人です。実は、高校も同じだったのですが、その当時、1学年に10クラスもあり、3年間ずっと、同じクラスになったことがなかったのですが、短大で同じクラスになり、知り合うチャンスに恵まれました


同じ京都出身でもある彼女は、京都に詳しく、昔からよくお買い物へ行ったり、食事へ出かけたり、飲みに行ったり・・・よく一緒に遊んでいました。私が京都から離れた現在も、里帰りの時には会って、一緒にお出かけをしている大切なお友達です


その彼女が、今回、シンガポールへ遊びに来てくれました。シンガポールでの結婚式に出席してくれた彼女にとって、2度目のシンガポールでの滞在。前回は、観光をしている時間が殆どなかったのですが、今回は、観光&ショッピングを中心に動き回りました


まずは、シンガポール巡りの観光編①。3泊4日のシンガポールでの滞在中に訪れた観光スポットをご紹介したいと思います


Singapore Flyer(シンガポール フライヤー)

Spore01

新しい観光名所の一つ『Singapore Flyer(シンガポール フライヤー)』へ行きました。前回訪れた時【詳しくは2008年12月31日の記事をご覧下さい】は、週末だったこともありかなり混みあっていて、相乗りだったのですが、その日は、私達のみの貸切・・・。上の写真の通り、私達の次のカプセルには、誰も乗っていませんでした。(風景等の写真は、前回の記事をご参考下さい


Merlion Park(マーライオンパーク)

Spore02 Spore03

よくテレビや雑誌で見かけるシンガポールのシンボルマーライオンが立っているこの公園は、観光で訪れる人々でいつも混みあっていて、いろんな言語が飛び交っていました

大量の水を吹いているマーライオンの大きさは8メートルと、結構大きいのですが、実際に見ると、小さく感じる人もいるようです。また、その後ろには、ミニマーライオンもいます。残念なことに、シンガポールのマーライオンは、世界3大がっかりスポットの一つに挙げられているそうです・・・


まだまだ続く、シンガポール巡り。観光編②もお楽しみに ポチッと一押しにご協力頂けると励みになります。どうぞよろしくお願い致します

fc2-br

Singapore Flyer(シンガポール フライヤー)に乗船!

日本へ里帰りする直前の週末、シンガポールの家族や旦那さん、伯母さんや叔父さん家族など総勢8人で、Singapore Flyer(シンガポール フライヤー)へ行ってきました。これは、今年オープンしたシンガポールの新しい観光スポット。皆様にご紹介したいと思います

SF01

Singapore Flyer(シンガポール フライヤー)とは、世界最大の観覧車【2008年12月現在】で高さが165メートルもあります。各カプセルには、最大28人が乗船でき、乗車時間は約30分間です。


訪れた当日は、週末&クリスマスシーズンとあって、かなりの人々で混みあっていました。しばらく並んだ後、乗り場まで到着すると、たくさんの人々が乗り込むカプセルとご対面 早速、私達も乗り込み、いざ出発

SF02 SF03 SF04


の写真は、カプセルに乗車している時に撮影した様子です。約30分間の乗車中、街側は割と曇っているのに、海側は晴れているという何とも気まぐれなお天気だったので、青い空を見上げることができない時もありましたが、とりあえずは、シンガポールを一望することができました。オフィス街の近くで行われている工事は、カジノ、ホテルやショッピングセンターを建築中です。

SF05 SF06 SF07
SF08 SF09


観覧車の最高点に到着した時にパチリ。皆さん、最高の高さに到着しました

SF10


私は、元々、高いところが苦手なのですが、ガラス張りのカプセルの中なので、思ったよりも怖くありませんでした。それに、わいわいがやがやと話しながら、風景を見ていたので、割とあっという間に到着した感じでした


の写真は、地上へ到着する直前に見かけた模型です。何の模型か分かりますか

SF11

実は先程、上でもご紹介した工事中の写真・・・その完成模型でした。2010年に完成予定とのことですが・・・本当に予定通りに出来るのかな


因みに、今回の乗船料金は、大人S$29.50(日本円で約¥1800)、子供S$20.65(日本円で約¥1250)と余り良心的ではないお値段ですが、シンガポールの風景を楽しめるし、乗船した良い記念になりました


追記:私達が訪れた2日後、この大きな観覧車が何らかの支障で、6時間半も止まってしまい、カプセルの中にいた人々が閉じ込められてしまったとのこと・・・。幸い、時間がかかったものの、全員無事に地上へ降りられたということなので、とりあえずは良かったです。



さて・・・今日は、2008年の大晦日。今年も残りあとわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか 今年もブログを通して、たくさんの方とお友達になれたこと。本当に感謝です。ありがとうございました&お世話になりました。また来年も、どうぞよろしくお願い致します。よいお年をお過ごし下さいね~


ブログへ遊びに来てくださり、ありがとうございます。応援クリックにご協力頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します

fc2-br

Emi Fujita Acoustic Live - Camomile Classics

先週の土曜日の夜、以前から予約していた藤田恵美さんのライブの為、旦那さんと一緒に、会場のEsplanadeへ行ってきました

EF01 EF02

その昔、『ひとつ屋根の下』と言うドラマの主題歌ひだまりの詩をリリースしたLe Couple(ル クプル)のボーカルとしてデビューされ、現在は、ソロで活躍されておられる女性シンガーで、今回、シンガポールでライブを開かれることになっていました


実は、2004年にも、シンガポールでライブを開かれており、今回は2度目の来星。旦那さんが偶然、CDショップで視聴した時に彼女の歌のことを知ったそうです。2004年の初ライブへ行きたかったにも関わらず、仲良し同僚の結婚披露宴の為、旦那さんはライブを断念・・・。それから4年後の今年、再びシンガポールで開催されることが決まり、念願のライブとなりました

EF03

の写真は、会場近くに掲げられていたポスター。会場内の指定された席に案内され、ライブが始まるまでの間、しばらく会場内を見渡していたのですが、観客の殆どがシンガポール人や外国人の方でした。(会場内では撮影禁止の為、お写真がありません・・・。)


ライブが始まり、最初は、シンガポール育ちの日本人シンガーの方が歌を披露された後、本日の主役がステージに現れ、たくさんの曲を披露してくださいました。ステージでは、歌の説明や合間のお話なども、全て英語で紹介されておられたので、旦那さんも理解ができて楽しめたようです


中には、日本語での歌も披露され、私にとっては、懐かしい感じがしました。特に、「ひだまりの詩」を聞きながら、その当時のことを思い出したり・・・。彼女の歌声は、とても優しく、柔らかくて、心が癒される感じがしました。広いコンサートホールの中で響き渡る歌声と共に、ギター、ピアノやバイオリンなどの演奏が調和して、とても心地よかったです


拍手喝采の中、ライブが終了し、会場の出入り口へ向かうと、彼女のサイン会が行われていました。但し、彼女のCDのみにサインをするとのこと。我が家にも、彼女のCDを持っていましたが、持っていないCDも販売されており、それらを購入して、サインをして頂くことにしました

EF04

の写真が、CDに書いてもらったサインです。長い行列が続く中、ようやく順番が回ってきて、1人1枚なので、旦那さんと2人分を頂きました。嬉しさの余り、握手をしてもらうことすら忘れてしまった私・・・。ですが、記念写真を一緒にとってもらえて、とても嬉しかったです。素敵な思い出になりました


また是非、シンガポールでのライブを開催してもらえることを願っています


ブログへお越しくださり、ありがとうございますポチっと一押しにご協力頂けると励みになります。よろしくお願い致します

fc2-br

The Live Turtle&Tortoise Museum(亀の博物館)

先日、Lantern Fantasy 2008【詳しくは2008年9月25日のブログをご覧下さい】が開催されたChinese Gardenの中に、The Live Turtle & Tortoise Museumと呼ばれる亀の博物館を発見しました。

Kame01 Kame02

の写真は、入り口付近の様子です。いろんな雑誌や新聞にも紹介されたことがあるらしく、周辺には、それらの記事がたくさん展示されていました


ともあれ、早速、館内を見学することにしました。

Kame03 Kame04 Kame05

まずは、亀の形をした置物や標本などが展示されていました。中には、亀とは切っても切れない腐れ縁(?)の鶴に関連する物も展示されていました。


それから更に奥へと進むと・・・

Kame06 Kame07

Kame08 Kame09

生きた亀を発見。上の写真はほんの部で、実際には、もっとたくさんの亀が館内にいました。大きい物から小さい物まで、様々な種類の亀を水槽越しに見学できました。種類によっては、植物以外にも、甲殻類、魚や鳥なども食べる亀もいて、手を水槽越しにかざしてみると、急いで追いかけていました


その後、屋外へと続く道へ進むと・・・

Kame10 Kame11

大きな池を発見。池の中には、数え切れない程たくさんの亀が生息していました。中には、池から飛び出して庭を散歩する亀たちの姿も・・・


大きな池の奥には、館内で最も大きな亀が生息していました。この時、偶然出会った館長さんとお話する機会があり、亀についてのいろんなお話を聞くことができました


「亀に餌を与えてみる」と館長さんに言われ、早速、餌を与えてみることにしました

Kame12 Kame13

上の種類の亀に餌となる大きな胡瓜を与えました。日本の胡瓜とは異なり、こちらで売られている地元の胡瓜は、とっても太いので、食べ応えがあります


写真では分かりにくいのですが、どちらの亀もかなり大きく、噛み付く力がものすごく強いので、正直、餌を与えるのも怖かった・・・。でも、良い経験となりました


この亀たちは、館長さん曰く、幸運をもたらしてくれるとのこと・・・良いことが起こるかも とっても気さくで、笑顔でいろんなお話をしてくださった館長さん。どうもありがとうございました


最後に、館内で見かけた貴重(?)な物&お土産をご紹介したいと思います。興味のある方は続きをご覧下さい。お帰りの前に、応援クリックにご協力頂けると励みになります。よろしくお願い致します

fc2-br

続きを読む »

HOME →次ページ

プロフィール

TMK1611

Author:TMK1611
シンガポール人の旦那さんと共にシンガポールで暮らしています。現在は、旦那さんはアメリカへ駐在中。私は日本で満喫中☆ お菓子作り大好き!食べることは・・・もっと大好き♪

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

押して下さる皆様、ありがとうございます☆引き続き、ポチッと一押しお願いします♪

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最近の記事 & コメント

*ご訪問の皆様へのお願い:不適切なコメント、中傷コメントや商業&広告目的のものがございましたら、管理者の判断により削除させて頂きますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

BMI・肥満度チェッカー
メールフォーム

お返事が遅れるかも知れませんが、必ずお返事致します☆いつでもメールお待ちしております!

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。